公益社団法人 愛知県診療放射線技師会

  • 技師会誌
  • 愛放技通信
  • ご入会をご希望の方はこちら
  • ご挨拶
  • 当技師会について
  • What's New
  • 行事予定
  • 医療用放射線Q&A
  • リンク集

一般の方へ

放射線検査とその画像

現在の医療において画像診断は非常に大切です。
その医療画像をさまざまな方法において作成し、医師の診断の支援をしています。この医療画像には以下のようなものがあります。

1. 一般のX線写真

頭部、胸部、腹部、四肢などさまざまな場所を撮影できます。
この画像が画像診断の基本的な部分です。

一般のX線写真

2. CT(コンピュータ断層撮影)

もっともポピュラーなコンピュータ断層画像です。どの部位にも対応し、現在の医療でもっとも必要な画像でしょう。
現在は高速な撮影が可能で、さまざまな診断への手段が確立しています。しかし放射線被ばくについて考慮しなければなりません。

CT(コンピュータ断層撮影)

3. MRI(磁気共鳴画像)

これも最近の画像診断では必要な画像でしょう。
CTとは違って放射線を使用しません。磁場を使います。最近、電磁波の体への影響が問題になってきていますが、今のところMRIは問題になっていません。

MRI(磁気共鳴画像)

4. RI(ラジオアイソトープ)

体に微弱な放射線を放出する物質を入れて、体の外から検出器で放射線を捕らえて画像にする方法です。体の生理機能を調べるのに非常に便利です。
かなり歴史のある方法で、安全で苦痛の少ない検査です。

RI(ラジオアイソトープ)

5. US(超音波)

最近非常に画像が改善され、さまざまな部位の検査ができます。音波を利用して画像を作ります。
放射線を使用しないため被ばくはありません。しかし超音波による影響も報告されています。

6. 骨密度測定

おもに放射線を利用した装置が多く、多少の被ばくがあります。あくまでも個人のデータとして、定期的に検査されると良いで しょう。
正常値はあくまでも一般的な値であって、個人差があるのが当然です。

骨密度測定

骨密度測定

7. X線TV

放射線を利用して体の中を覗く動画像です。
一般的に胃、大腸などの検査に利用されています。

X線TV

8. 血管撮影

造影剤を用いて血管を写し出します。方法はさまざまですが、直接フィルム撮影、DSA(コンピュータを使う方法)、シネ(映画を使う方法)などがあります。
現在は、DSAやシネを利用して検査だけでなく、さまざまな治療が行われるようになり、現在の画像診断、治療において非常に重要な役割を持っています。

血管撮影

血管撮影

ページトップへ