関係法令および通知のお知らせ

医療法の一部改正に関する情報

2019年3月11日に医療法施行規則の一部を改正する省令(平成31年厚生労働省令第21号)が公布され、「診療用放射線の安全管理体制整備について」が2020年4月1日に施行されます。

エックス線装置などを備える全ての病院・診療所は「医療放射線安全管理責任者」を配置すること、医療放射線の安全管理のための指針を策定すること、医療放射線に係る安全管理のための職員研修の実施、放射線診療を受ける者への情報共有、さらに保有する装置により、医療被ばくの線量管理・線量記録を2020年4月1日までに準備することが求められます。

厚生労働省医政局地域医療計画課長通知と診療用放射線の安全利用のための指針策定に関するガイドラインを下記に併載します。

本会では、「診療用放射線の安全利用のための指針モデル」を作成しました。各病院で策定しなければならない“指針”の「ひな形」として作成したものです。各病院でご活用いただければ幸いです。

令和2年4月1日に、医療法施行規則の一部を改正する省令(令和2年厚生労働省令第81号)が公布され、「外部被ばくによる線量の測定について」と「眼の水晶体における等価線量限度について」が、令和3年4月1日に施行されます。

眼の水晶体の被ばく限度引き下げに関する情報

厚生労働省医政局地域医療計画課より本会宛に、「放射線業務従事者等に対する線量測定等の徹底及び眼の水晶体の被ばくに係る放射線障害防止対策の再周知について」の事務連絡がありました。

新型コロナウイルス感染症の影響に関する情報

厚生労働省医政局地域医療計画課より令和2年5月12日に、「令和2年度医療法第25条第1項の規定に基づく立ち入り検査の実施について」が発出されました。

厚生労働省医政局地域医療総務課 / 地域医療計画課 / 経済課 / 研究開発振興課より令和2年5月12日に、「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う医療法等において定期的に実施することが求められる業務等の取扱いについて」が発出されました。

ページトップ