ご挨拶

愛知県診療放射線技師会ホームページをご覧いただきありがとうございます

会長 中村勝

愛知県診療放射線技師会は、昭和26年5月20日に任意団体として設立し、平成元年8月1日に社団法人、平成25年4月1日に公益社団法人へと成長してきました。

診療放射線技師の職業倫理を高揚すると共に、医用放射線の安全利用に関する知識の普及啓発、及び診療放射線学の向上発達を図り、もって県民の健康福祉の向上に寄与することを目的に活動しています。

現代の医療において、放射線の利用は必要不可欠と言っても過言ではありません。我々診療放射線技師の多くは医療機関に勤務し、エックス線写真の撮影やCT検査、MRI検査、超音波検査、消化管検査、核医学検査など画像診断部門や血管内治療部門、核医学検査部門、放射線治療部門、救命救急部門などに携わっています。これらは日進月歩で、診療放射線技師はこれらに対応できるように、生涯教育に積極的に取り組んでいます。

また、放射線を扱うプロフェッショナルとして、医療放射線による被ばくが必要以上に増えないよう最適化に努めるなど放射線被ばくの管理も担っています。

本会は、診療放射線技師の教育だけでなく、県民の皆さまに県民公開講座や医療放射線展などを通して、放射線に関する情報をわかりやすくお知らせし、安全で安心な放射線診療を受けていただけるように努めてまいります。

今後とも、県民の皆さまの温かいご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

公益社団法人 愛知県診療放射線技師会

会 長中  村   勝

ページトップ